忍者ブログ
pixiv関連ブログ 企画に出してるキャラとかメモとか
10«  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment
pixiv最新投稿
drawr
Twitter
ぴくあくろっく
最新コメント
[08/10 明美]
[08/09 明美]
[06/19 10]
[06/12 明美]
[06/07 三乗]
プロフィール
HN:
てんぷら
性別:
女性
職業:
大学生
自己紹介:
ぴく悪に参加しておりますですよ

pixiv
ブログ内検索
QRコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう6月4日か……ポールマンのキャラシート上げてない方はお急ぎあれ、なんて。
個人的にすごいwkwkしてる方のポールマンがまだシート上がってなくて一人で勝手にハラハラしてたりしますてんぷらです。

今日はキャラクターの過去設定とかが大体まとまってきたんでちょっとブログに載せてみようかなとか。
ぴく悪は過去タグっていうのがあるようなのでいつか自己満足上等で描いてみたいんですが他にも描きたいものいっぱいあるしなあ
他の方のキャラと絡ませて頂いてるわけでもないのでいつか描くとしても優先順位は大分低いです
とりあえず今回はDDの分。

先に言っておくと厨二病テイストな暗さです。いやでもDDはあんまり明るい人生歩いてきたようには見えないしいいよね?(・ω・`;)
興味持ってくださる方は続きからどうぞ。
 

拍手

本名の綴りとか出身国とかは結構自分の中のイメージで付けてるので「なんか変」「どこが?」って思われる部分あるかもしれません 申し訳ない。

DDの過去設定>
本名ダグラス・ディードウッド(Douglas Deedwood)
英国人の母と米国人の父の間に生まれた一人っ子。生まれは英国
父親の祖国に興味が湧いて米国の大学へ留学。
在学中に同級生との恋愛成就→卒業直後に結婚。彼女を連れて母国へ帰ることに。
で、実は彼女の兄にあたるのがオズワルド(うちの無頼徒)。妻と知り合った経緯も大学の課外活動で彼と知り合う→彼が妹を紹介してくれて親しくなり告白、という流れだったり。
ベ、別に個別の過去設定が思い浮かばなかったわけじゃ(ry  ('A`;
とにかく彼とは一応親友→義兄弟、という関係に なるけど母国へ帰ることにしたので一旦彼とはさよなら。

ひとまずダグラスは妻を連れて実家に帰り親の農場を継ぐ。
ダグラスの家の裏の方角にはいかにも深くて広い森があったりして 彼は子供の頃から「あの森には魔女が住んでいるから近づいてはいけない」と教えられていた。
帰国して数年後に妻が子供を身籠る。が、元々体がちょっと弱めだったため病気でぶっ倒れ、ダグラスは仕事と妻の看病の二重生活に。
そんな日常が続いたある日、家の裏の森から彼を手招きしている女性を発見。ダグラスは彼女を追って森へ。
森の中で彼女は自分こそ森の魔女だと名乗り、「このままだとお前の妻は子を産む前に死ぬよ」と予言。
パニクった彼に向かって魔女は「契約をしよう」と話を持ち出す。
「俺への生贄を一か月以内に13人。できたら妻を助けてやるよ ニヤニヤ」

で、まあこの魔女がお花の正体なわけですが(雌株でしたとさ) 結局彼女は約束を守る気なんかこれっぽちもなくて ダグラスに悪人としての素質(もとい自分の脚になり得るかどうかの素質)があるかどうか試してただけっていう。
ダグラスの方は馬鹿正直に魔女の話を信じ込んで、妻のためと称し夜になる度に鍬で人を殺しては死体を魔女の元へ運ぶようになり仕事+妻の看病+殺人の三重生活開始。むしろ妻より先に死にそうですがそこは根性でなんとか。
で、最終的に13人の生贄を達成するんだけどお花にとって肝心なのはダグラスがその気になったら殺人も犯せる人物であるって部分だけで 結局「OK、こんだけ殺してこれるなら合格☆」って感じで寄生されちゃう。あーたまっに おっ花ー♪('A`;
寄生されるついでに根っことツタで脳味噌を弄り回されて『ダグラス』としての記憶と人格が曖昧になり、厳密にはこの時点で『DD』としての人格に変化。お花に都合のいいように記憶を組み替えられる。
その後頭にお花生やして帰宅したDD、「畑に水をやらなくちゃ…」の最初の犠牲として妻をお腹の子もろとも鍬で殺害。結局一番助けたかった相手を自らの手に掛けてしまいます。
妻を助けたい一心で13人も殺したのに助けてもらうどころか誰も生き延びない。でも1人を助けるために13人も犠牲にしたからDDにとっては当然の罰とも言える。気の毒なのは巻き込まれた13人と妻子の方。
で、DDはその後そのまま失踪して数年後暗黒街へと辿り着く。
そんな感じです。

暗黒街に着くまでの間にDDもすっかりお花とお仕事が馴染んで今に至ります。
お花に寄生されるまでの記憶に関しては『お花に騙されて殺人犯した揚句寄生された』的な部分が不都合として消されている感じなので妻がいたことや子供が生まれそうだったこと等は覚えてます。
最初のモチーフ通り悪人に洗脳されて悪人に成り下がったタイプ。
まあでも彼自身はそこらのこと全然覚えてないというか記憶消されてるので過去に悲しいことがあってどうのこうの~みたいな葛藤は全然ナッシングという ね
今現在の恵まれた境遇も含めてある意味かなり幸せ者。

そういうキャラです。
長文読んで下さりありがとうございました。

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
PREV54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 | NEXT
Copyright ©  -- 揚げ油 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]